インプラントの掃除法

インプラントの掃除法について

インプラントの掃除の方法

インプラントは歯のないところに行う治療です。入れ歯よりも快適に過ごすことが出来き、噛み心地も自然です。見た目も美しく自分の歯との区別がつかないほどです。しかし、あくまで人工のものなので、日頃のお手入れが欠かせません。インプラントの掃除の方法は、歯ブラシを使った後に補助具を使います。歯間ブラシや、毛先が細くなったブラシを使い、汚れがたまりやすい、歯と歯の間や、歯茎との境目まできれいにします。こうすることで、いい状態で長く使えるようになります。毎日のことなので、意識して掃除することがとても重要になります。

インプラント治療後のお手入れ

インプラント治療では、顎の骨に直接人工の歯根を埋め込みそこにセラミックなど歯を取り付けます。この方式により、噛む力が顎の骨に直接伝わり快適な噛み心地です。使われる人工歯根は、チタン製のものが主流です。これは、チタンは生体親和性が高くアレルギー反応を起こす人が稀であること、酸や塩分に対する抵抗性が高いことなどが理由です。インプラント治療そのものは大変耐久性が高い治療ですが、そのメリットを最大限に発揮するためには治療後のメンテナンスが大変重要です。歯科では、治療後に定期的な検診を勧めています。定期検診では治療箇所のチェックに加えてPMTCと呼ばれる歯科医院での専門的なお掃除を受けることができます。

↑PAGE TOP